2017年6月25日日曜日

自転車通勤自己記録更新

鎌倉の現場まで行ってきた。



行きは56km、3時間。
帰りは寄り道して海を見た。
土曜日だからか、大渋滞、人混み。



往復120km。

通勤は筋肉ですよね。
自転車通勤選手権やったらそこそこ戦えると思いますよ。



2017年5月11日木曜日

ペダル崩壊

柏の現場まであと2kmというところでペダル崩壊。


ベアリングがパラパラと散り落ちた。
劣化でここまで達したのは初めて。

アフリカの人たちはペダル無しシャフトむき出しでこいでたな。


交換。




2017年4月10日月曜日

野良タヌキ

文京区にもタヌキいるんだな。








どうも、うちに住みついてしまっているようだ。
集合住宅ゆえ、マナーの悪い住民も少なくない。
小動物や昆虫を食べる純野生ではなく、人が呼び寄せてしまった野良タヌキ。
動物は好きだけど、なんだかいい予感がしない。
こんな大きな動物が人家に住みつくもんじゃない。
自然は自然のままに。



2017年4月6日木曜日

アルバムをつくってみた





ソフトを使って、自分でデザインやレイアウトを決めて作成して、注文して10日ほどで家に届く。

http://www.mybook.co.jp/download/

製本も画質も驚くほどきれいでハイクオリティ。
まるで自費出版の本。

料金はサイズとページ数によって変わる。
今回作成したのは1冊平均20ページ、4冊合計13000円(送料税込)ほど。

もっとたくさんの写真を載せたかったが、ページ数が増えると料金が高くなるので、数千枚ある旅写真の中から悩んで悩んで厳選した。

南北アメリカ大陸の写真はイマイチなので作成しなかった。



2017年4月3日月曜日

ICL その2

手術は5分ほど。

今さら怖さも不安もない。
当然麻酔をするのでメスを入れられる痛みはないが、その前に、まばたきしないように何かの器具を使ってまぶたをグワッと開いて固定されるのが少し痛い。
これは今まで受けた手術すべてに共通する。

手術中は見えているが、周囲が見えているだけで何をされているのかは見えない。
角膜に切れ目を入れて、スイス製のレンズを挿入して固定する。

5分で34万円ふっ飛んだ。

直後から目を開いて見ることができるが、当日いっぱいは視力が安定しない。

翌朝。
すばらしい。
はっきり見える。
目の中にレンズが入っている感覚はない、自然な見え方。
2年間のストレスからようやく解放された。

見えるってすばらしい。

予告どおり、近くが見えない。
近くといっても、パソコンやスマホや本の文字などが見えないだけで、50cm以上離れているものならはっきり見える。
近くの文字を読む時だけ左目にがんばってもらう。
それ以外は均等に両目を使って不自由なく見える。

翌日までは洗顔洗髪禁止、仕事も休み。
1週間後までは重い物を持ち上げたり激しい運動は控える。

翌日の診察で、1.5出た。
おしっ、これで一件落着。
もうこれ以上は引きずらない。
長らくお騒がせいたしました。



2017年4月2日日曜日

ICL その1

去年の夏に受けた白内障手術で、右目は0.2まで下がってしまった。
左目は1.5、右目は0.2。
この気持ち悪さにはやっぱり慣れなかった。

焦点を合わせにくいので常に違和感があり、人と面と向かって話す時は目を合わせるのがつらく、遠近感も狂うので高所での仕事中は足元が危なっかしいこともあり、自転車に乗っている時は右後方確認がしづらい。
左目ががんばって見ようとするので左目がとても疲れ、涙と目ヤニが出て腫れぼったくなり、右目は見ることをあきらめて機能しなくなっていくかのようだった。

何とかしたくて、唯一の解決策に思えたのがICL(Implantable Contact Lens)。
コンタクトレンズをインプラントする、つまり眼内に固定する永久コンタクトレンズ。
通常のコンタクトレンズのような手入れは不要、異物感もなし。
レーシックのように角膜を削るリスクはなく、仮にレンズが合わなかったとしても後で抜き取ってレンズを交換できる。
今は医者も視力矯正にはレーシックよりもこのICLを薦めているらしい。

ICLの第一人者と言われる医師がいるというクリニックに行ってみた。
僕は数々の手術を受けてきたので、ふつうではないレアなケース。
過去の手術のデータを参考にしたいと言われたので、データを集めた。

まずは2009年にレーシックを受けたクリニック
次に2015~16年に網膜剥離手術をした大学病院
この2つは何の問題もなくスムーズにデータを入手できた。

最後に、2016年に白内障手術をした眼科
ここは院長が高齢の女医で、いつも患者に対する説明が不十分で、こちらが質問したり物申したりすると逆ギレ気味になってまっとうな対応をしてくれない、問題の眼科。
電話して「手術のデータが欲しい」と言ったら、院長はヒステリーを起こして発狂したかのようになり、こちらの要望とは別の的はずれなことを言って騒ぎ立て、とても患者への対応とは思えない粗暴な言葉使いで、一方的に電話を切られた。
もう一回電話して、直接対決ではなく受付の人を通してこちらの要求を伝えたが、やはり会話が成立せず、結局データは入手できなかった。
「キ○ガイBBA」という言葉がこんなにもふさわしい人にお目にかかるのは久しぶりだ。

法律上、病院はカルテを5年間保存する義務があり、患者がカルテ開示を請求したら応じなければならない。
それを拒否するということは、何かやましいことでもあるのかと疑ってしまう。

ICLのクリニックにありのままを話したら、データは参考にするだけなので必須ではない、こちらで検査するので大丈夫です、と言われた。

検査の結果、いくつかの選択肢がある中で、近視用のICLで視力矯正できる可能性が高いでしょうと言われた。
ただし、遠くは見えるが近くが見えなくなる単焦点レンズ。
遠近両用の多焦点レンズというのもあるが、すでに白内障手術で入れた人工水晶体が単焦点レンズなので多焦点は効果が望めないらしい。

つまり、老眼の人と同じ見え方になる。
でも、遅かれ早かれ誰もが老眼になる。
左目もいつ老眼が始まってもおかしくない。
そしたら老眼鏡を使えばいい。
近くを見るのはあきらめて、左右ともに遠くが見えるようにそろえたい、というのが僕の希望である。

ただ、保険適用外なので高い。
片目34万円。
両目を施術する人は68万円も払う。
でももうウダウダ言ってられない、生きてりゃいろいろあるさ。
大事なのは決断力。

長文になってしまったので手術の結果はまた明日。



2017年3月8日水曜日

サドル崩壊

通勤中、釘が刺さってパンク。


経験上、パンクの原因で最も多いのがタイヤ・チューブの劣化、次に空気圧の甘さによるリム打ち。
異物が刺さってパンクするのは、実はそんなに多くない。



こんなこともあろうかと、パンク修理キットとポンプは常時携帯している。 
旅で培った早業パンク修理でギリ間に合うか?

スムーズに修理を終えていざ、こぎ始めたら・・・



…なんと、サドル崩壊!

下で支えている金属がバキッと折れた。



2010年から愛用してきたBROOKSサドル。
乗るほどにケツになじみ、年を経るほどに渋味を深める。

2010年。


2011年。


2015年。


現在。


だいぶ前から、台座の先端の金属パーツも摩耗してグラグラしていたし、革も型が崩れて反りかえってしまっていた。
ここで寿命ということか。
6年3ヶ月、62000km。

NEW!






14600円。

専用のグリスを塗って手入れをする。




また一からお世話になります。



いたずらされませんように。



初めて知ったのだが、10年保証らしい。
保証登録はしておいた方がいい。



2017年1月1日日曜日

日本一早い初日の出

久々のサイクリング、犬吠埼へ。


犬吠埼は関東最東端であって本土最東端ではないが、離島や山頂を除いて日本一早い初日の出が拝める。

岬から少し離れた銚子のビジネスホテルで1泊。
やや安めだが、Wi-Fiもないし洗濯機もないことを考えると高い。
シャワー浴びて寝るだけ。

明け方、岬へ向かうと、まだ暗いのにすさまじい大渋滞。
ここは初日の出のメッカ。
車内で夜を明かす人も多く、駐車スペースも全然足りておらず、狭い車道に路駐車がどこまでも続き、自転車が通る隙間もないほどの混雑箇所もあった。

想像以上の混雑だったが混雑することは予想していたので、前日に下見しており、岬とその周辺は避けて広い海岸線に陣取った。



水平線付近に雲があったので日の出の瞬間はとらえられなかったが、これぐらいの高さまで昇った時が最も美しい。
でも、何も犬吠埼まで来なくてもきれいな初日の出を拝めるところは他にいくらでもあると思うので、 混雑や喧騒を煩わしく思う人にはここはお薦めしない。

この界隈も風車がたくさんある。


洋上風車。

これはどうやってメンテするのだろう?



往復259km。

先月、現場の屋上から。


携帯だとうまく写らないけど、富士山がきれいだった。







今年もよろしくお願いします。